寝ながらServlet、JSPの開発環境を構築する。

JavaServlet と JSP(JavaServerPage) の Eclipse 開発環境を寝ながら構築してしまおうという試みです。

 

ここでの前提条件は、Apache サーバーが導入されていること。それだけ。

 

まず、Pleiades という Eclipse の All in One パッケージを ここから 落としてきます。

 

現在の最新バージョンは Eclipse 3.5.1 Galileo です。
特にバージョンのこだわりがなければ最新バージョンを落としましょう。
Java の Full All in One (JRE あり) というやつです。

 

これは、Eclipse で Servlet や JSP の開発をするのに必要なツールを全部強引に連携させたものです。
JDK 、J2EE、Tomcat、その他諸々が一通り入っています。

 

落としたら、解凍して C: ドライブなどにフォルダをまるごと設置しましょう。
C:\Program Files\pleiades-e3.5-java-jre_20090930\
こんな感じです。

 

以上で Eclipse の開発環境が完成しました。
次回はいよいよ HelloWorld の表示です。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.